伊豆マリオットホテル修善寺の旅 (1)

仕事が忙しくストレスが溜まっていたので、気分転換に温泉へ出かけました。

せっかく出かけるなら、修行も兼ねた方が効率がいいよね。

というわけで、目的地は修善寺に決定!

 

朝9時頃に自宅を出て、バスで上野駅へ。

えきねっとで予約した特急踊り子号の指定席券を発券し、東京上野ラインで東京駅を目指します。

総武快速線で東京駅へ向かうことも考えましたが、東京駅の構内を長く歩くのは避けたかったのです。

 

東京駅に着くと、ちょうど特急マリンエクスプレス踊り子号が到着するところでした。

臨時特急のマリンエクスプレス踊り子号は、なんとE259系での運転です。

(羨ましい・・・)

f:id:oshinari:20180917141838j:image

 

さて、今回乗車した特急踊り子号109号が入線してきました。

先のマリンエクスプレス踊り子号が品川方から入線してきたので、同じ方を見ていると、まさかの上野方からの入線で驚きました。

きっと尾久車両センターからやってきたのでしょう。
f:id:oshinari:20180917141841j:image

 

1〜7号車(伊豆急下田行き)と11〜15号車(修善寺行き)の12両編成です。

私は後ろ寄りの13号車でした。

f:id:oshinari:20180917141835j:image

 

この特急踊り子号は、東京、品川、川崎、横浜、大船、小田原、湯河原、熱海、三島、伊豆箱根鉄道線内のいくつかに停車しました。

熱海までは伊豆急下田行きと併結して走るのですが、なぜか伊豆急下田行きの7両にだけ車内販売が存在するという格差がありました。

伊豆急下田行きと修善寺行きの間を通り抜けできないのは分かりますが、どうにかならないものでしょうか。

 

熱海に着くと、伊豆急下田行きと切り離しを行います。

伊豆急下田行きが切り離しながら出発していくのかと思いきや、まさかの一度ドアを閉めて修善寺行きが後退をすると。。。

このパターンは初めてだったので、とても新鮮でした。

 

東京駅を出発して、2時間ほどで修善寺駅に着きました。
f:id:oshinari:20180917141831j:image

 

まずはバスで修善寺温泉街へ向かいました。

バスは片道220円の整理券制で、SUICA交通系ICカードは利用できませんでした。

まずは、修禅寺

境内の手を洗うところが、まさかの温泉でした。

f:id:oshinari:20180917141828j:image

 

こちらは、「独鈷の湯」というところで、弘法大師が湧出させたという修善寺温泉発祥の湯とされているそうです。
f:id:oshinari:20180917141849j:image

 

こちらは、その近くにある竹の小径というところ。

竹林の中に散策道が作られていて、すごく雰囲気が良かったです。

日没後はライトアップされるそう。

f:id:oshinari:20180917141845j:image

 

お昼ご飯を食べ損ねていたため、修善寺駅に戻って近くでそばをいただきました。

そこからバスに乗って、今宵の宿、伊豆マリオットホテル修善寺に向かいます。

www.izu-marriott.com